【スキルアップ】今年は建設業経理士1級を取ろうかな。

今日はスマホの充電を忘れていたのでパワサカが出来ずにもやもやしてます。

いつもならネットサーフィンでもして過ごすのですが、今日は違います。

というのも、ちょっと前から公認会計士に興味を持ち始めた私。

きっかけは同業の知り合いが公認会計士の資格を持っており、経理の傍らで遠方のお客さんを持っていると知ったことでした。

衝撃が走りましたね。

公認会計士だけでも年収は1000万クラスを目指せるのに、実家を手伝いながら公認会計士としても仕事を持っている。

かっこ良すぎでしょwww

私もそうなりたい。

今の仕事が続けられなくなった時に手に職がある方がいいですからね。

人生で一度は”プロ”と呼べるスキルを身に着けたいなと心が動きました。

そこで何で公認会計士ではなく、タイトルにある『建設業経理士1級』なのかって話ですが、会計学や原価計算、財務分析を学ぶにはうってつけの試験なんですね。

【試験内容】

建設業原価計算、財務諸表、及び財務分析

【程度】
上記の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。

建設業経理士の資格は他の簿記の資格と違って、会社の評価に直結する資格なんです。

建設業経理士の資格を持つ従業員がいると、その人数に応じて会社の評価が上がるんですね。

なので建設業をやっている会社にとっては日商簿記より価値ある資格だと言えるでしょう。

まぁ、公認会計士の資格を取るためには日商簿記くらいは難なく取れるくらいでないといけませんがね。

なので、私は現在の仕事をしながら徐々に段階を踏んで公認会計士に近づいていきたいと思います!!

建設業経理士1級→日商簿記2級→日商簿記1級→公認会計士試験

こんな感じで目標を設定。おら、ワクワクすっぞ!!

ということで、今年の取得資格は建設業経理士1級

試験日や試験内容について調べてみましたのでまとめます。

建設業経理士検定試験1級

今年の3月にある試験には間に合わないので9月(上期)の試験を目指します。

【建設業経理士検定 上期】

申込期間 5月中~6月中
受験票発送 8月
試験日 9月
合格発表 11月

【試験内容】

科目 試験時間 問題数 過去5回の合格率 今までの合格率
1 財務諸表 09:30-11:00 5題 25.5% 23.2%
2 財務分析 12:00-13:30 5題 36.1% 31.9%
3 原価計算 14:40-16:10 5題 21.5% 28.1%

【受験料】

1科目のみ 7,410円
2科目同時 10,600円
3科目同時 13,680円

お昼ご飯の心配をしたのは私だけでしょうか。

食べるタイミングが超重要じゃないですか!

食べた後に腸が活発になってきゅるるるーって鳴りそうで怖い(笑)

試験のために休みを何回も犠牲にしたくないので一発でいきましょう!

試験料もタダじゃないですし、何回も勉強したくないですからね。

では試験合格に向けてぼちぼち頑張っていきますね。ではまた。